HELLO!

はじめまして。大阪・神戸を拠点に活動するフリーランスのウェブ・グラフィックデザイナーです。

ご挨拶

2009年からフリーランスデザイナーとして活動しています。
日本、ヨーロッパ、西洋美術、現代アート、人文科学、音、映像、映画、文学、IT・テクノロジー、そんなもんが好きで、その全てが自分の作るものに影響しています。

デザインとテクノロジーの力で、素晴らしい製品やサービスを正しい形で世に送り出すお手伝いができればと思います。

一人のデザイナーに過ぎませんが、激動の時代をむかえ閉塞感漂うこの日本で自分はどんな貢献ができるのか、先人たちがつくりあげてくれたこの平和で豊かな環境に次は何を残していくのが正しいのか、そんなことを考えながら生きています。

まだまだピヨピヨですが、よろしくお願い致します。


History

1986年1月、神戸に生まれる。
小中高と美術の授業に深い興味を抱く。
95年、Windows95発売と共に家にPCがやって来てとにかくはまる。(9才)
2000年、初めてホームページを作ってみる。(14才)
祖父がデザイナーという影響で、デザインとコンピュータに大きな意義を感じる。

2009年4月、英会話スクールの広報&フリーランスデザイナーとして活動開始。
2011年6月より大阪のデザイン事務所HI grafikにてDTPデザインにも携わりながら、フリーランスデザイナーとしての活動拡大。


Skills


People who I Respect.

Steve Jobs

私が何より偉大だなと感じるのは、概念を創るということです。ダ・ヴィンチ、ピカソ、デュシャン、フォード、エジソンがそうであったように、時代の波に乗るのではなく、時代の波を引き起こす。
発明家、経営者、アーティスト、これらになるだけでも困難なことなのに、ジョブズはその全てにおいて天才でした。
死期がわかっても、最後まで自分の発明品を世に送り出し続けたその深い情熱に、筆舌に尽くし難い畏敬の念を感じます。

Alex Grey

アメリカの画家、アレックス・グレイ。解剖学やスピリチュアルの知恵を元に、人間が潜在的に持つ能力をありありと描いています。
137億年という歳月を経て生まれた、地球・人類が授かった力は途方もなく大きいということをどう表現するか。グレイは、「皮膚を描かない」ということで、それを表現しました。
グレイの絵画を見ていると、肉体と精神を授かったことがいかに有り難いことで、そして人間はどんなことでも成し遂げることができる、そんなことを感じさせてくれます。


When I'm not working, I love doing...